ETCをなんと無料でプレゼント!

購入すると10000円〜50000円とかなりの金額が必要ですよね。
無料ということで僕も早速応募しました〜揺れるハート

もっとETCについて知りたい方は↓↓から。

4,00 0様限定!ETC車載器を手に入れるチャンス!今すぐ応募!!




2007年03月23日

アルファードの歴史。アルファードとは?

最近はアルファードやエルグランドやステップワゴンなどの大型車がとても人気です。その中でもアルファードは根強い人気があります。アルファードとは一体どのような歴史があるのでしょうか?ここで紹介したいと思います。


アルファード(Alphard)はトヨタ自動車製の3ナンバーサイズの最上級クラスのワンボックス型ミニバン。2006年12月現在はアルファードのみV6・3.5Lモデルが存在しない。-wikiより引用

トヨタの最上級クラスのミニバンですね。ミニバンといっても大きいですが・・・。3.5Lが存在しないのも驚きです。


トヨタの最高級3列シートミニバン。日産・エルグランドに真っ向勝負となるモデルで、2代目エルグランドとほぼ同時期に発表された。プラットフォームは2代目エスティマに採用したFFプラットホームを用いており、乗車定員は7人もしくは8人。エルグランドが最新モードのインテリアを採用したのに対し、こちらはあくまでも純和式の豪華さを目指した。面積の広いウッドパネルはその典型である。全車にパワーウインドウ付き両側スライドドア、イージークローザーシステム、リモコン開閉が可能なパワーウインドウを装備。リモコンパワースライドドアや国内初のパワーバックドアが設定された。-wikiより引用

エルグランドの対抗機種と言うのはうなずけますね。私もalphardのウッドパネルは大好きです。


初代は2002年から発売されました。2002年5月22日 - 「グランビア」(1995年発売)、「レジアス」(1997年発売)などの統合後継モデルとして発売。
2003年 - ハイブリッド版が発売。
2005年4月 - マイナーチェンジ。内外装の変更。G-BOOK ALPHAなどを対応した。-wikiより引用

はっきりいって、グランビア、レジアスの時はエルグランドに販売台数でも負けていました。しかしアルファードが発売されるとその質と走りの素晴らしさから、販売台数を抜き国内のLLクラスミニバン市場でトップという快挙。なお、イメージキャラクターはジャン・レノというのも高級感をUPさせているのか?

ちなみに芸能人だと清水國明がアルファードを所有しているおり、峰竜太も移動用にalfardを所有している。

ラベル:アルファード
posted by トヨタアルファード at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アルファードの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。